食と暮らしのレポート

昔ながらの調味料【原材料】はシンプルでした!オススメの本みりんも紹介します

サイトには広告を含む記事があります。

調味料の原材料がさまざまで、どれ選んでよいのか分からなくなりませんか?

これから料理を楽しみたい方食にこだわりたい方に読んでいただきたい内容です。

  • 日本料理の基本を作りたい
  • 日本の伝統調味料を知りたい
  • できるだけ添加物は避けたい

筆者は、昔ながらの調味料の原材料を知ったとき「たったのこれだけ?」と、あまりのシンプルさに驚きました。あなたはどう思うでしょうか?

今回の記事では、カンタンに伝統的な調味料の原材料を一覧にしています。和食の基本調味料「さしすせそ」順にカンタンにまとめました。基本の原材料を知って料理を楽しんでくださいね。和食が気になっている海外の方も、ぜひ、ご覧ください。

さっそく、見ていきましょう。

もくじ

日本の伝統的な調味料の原材料は?シンプル!

伝統的な調味料の原材料の数は、少なくてシンプルです。

本来の原材料を知っておくと、今後の生活における調味料選びに便利。人によっては味の好みは異なりますから、使いやすい調味料選択の基準や参考にもなるかもしれません。

では、基本の調味料「さしすせそ」の順にみていきましょう。

覚えておきたいメモ

「さしすせそ」は、基本の調味料料理です。

料理のとき、砂糖→塩→酢→醤油→味噌の順に入れると美味しく仕上がると言われています。

砂糖「さ」

キビ砂糖

糖分が含まれている植物から抽出します。

【 砂糖の原材料 】

  • サトウキビ → 甘蔗糖・キビ砂糖
  • てん菜 → てん菜糖・ビート糖
  • ヤシ → ヤシ糖
  • カエデ → カエデ糖・メイプルシュガー

素材を活かした砂糖は、茶色がかってまろやかな甘み。精製された砂糖は白く、上品な甘さです。料理するものによって選ぶとよいでしょう。

塩「し」

藻塩

【 塩の原材料 】

  • 海塩(海水)
  • 岩塩
  • 湖塩

塩の種類や名前は多くて選ぶとき迷いますね。

製造方法の違いによる並塩や精製塩、天日塩、焼塩、藻塩などの表記があります。また、塩の粒の形や大きさの違いは粗塩やフレーク塩、パウダー塩などで表記されます。

塩の味は、ミネラルの差で、しっかり塩味を感じるもの、旨味を感じるものがあるため、買う前に味見ができればベストです。個人的な好みもありますが、漬け物には粗塩、肉料理には岩塩が合うなど、塩と料理の相性もあります。

いろいろな種類の塩を集めて、使い分けるのも楽しいですね。

覚えておきたいメモ

できるだけ自然の塩が欲しいと探しても、×天然塩や×自然塩など表記された塩は見付かりません。それは食品表示法で決められたルールがあるからです。

酢「す」

純米酢

穀物やリンゴを発酵させて、アルコールから酢へと発酵がすすみます。

【 酢の原材料 】

  • → 純米酢
  • リンゴ(果汁含む) → 純リンゴ酢

など

純米酢は、酢の物や酢漬けにオススメ!

リンゴ酢は爽やかなので、ジュースにしたり、ドレッシングに活用すると美味しいです。

醬油「せ」

しょうゆ

大豆を蒸して、小麦を炒って麹を植え付けます。

【 醬油の原材料 】

  • 大豆
  • 小麦
  • 塩・水

なぜ醤油が、さしすせその「せ」にあてはまるのか、気になりませんか?

覚えておきたいメモ

それは、【醬油】の仮名使いに理由があります。

現代はしょうゆ「SHOYUですが、過去にはせうゆSHOYUとする時代があったからです。

味噌「そ」

みそ(ミックス)

味噌の多くは、以下のように原材料がシンプルです。

【 味噌の原材料 】

  • 大豆・米・小麦など穀物
  • 塩・水

味噌の種類は豊富です。塩味の濃いもの、甘みの強いもの、いろいろあります。料理に合わせて使い分けると新たな発見があるかも。

さしすせそ以外【 酒 / みりん 】の原材料

純米酒と本みりん

まずは、酒の原材料から見てみましょう。

純米酒

純米酒は原材料は以下です。日本酒の中で原材料が特にシンプル!

純米調理酒は、塩で味付けされているものやいないものがあります。

【 純米酒の原材料 】

  • 米麹

ニオイ消して、風味を良くし、素材の旨味ひきだし、仕上がりもふっくら!

ちなみに筆者は、料理に純米酒を使っています。

伝統的な本みりん

本みりん

伝統的な本みりんは、以下の分量で作られています。

  • もち米
  • 米麹
  • 米焼酎

本格的なみりんは、酒類に属し、アルコール分が高め!まろやかな甘さが特徴です。酒と同様にニオイ消す作用があり、ツヤと照りを出し、煮崩れ防止する作用もあります。

酒とみりんを調理に使うタイミング

では、酒とみりんはいつ入れるのでしょう?

酒とみりんを使う料理では、基本調味料の「さしすせそ」より先に入れることをオススメします。それは、アルコールを飛ばしたり、ニオイを消したりするなど、酒とみりんの特徴を利用できるからです。

オススメの本みりんは、角谷文治郎商店『三州三河みりん』

創業100年以上続く老舗の本みりん、角谷文治郎商店の『三州三河みりん』です。

無添加で、国産の原材料使用、超熟発酵させた本格的なこだわり商品。アルコール度数は13.5%の酒類調味料になります。昔は高級酒として親しまれていました。

筆者は、酒とみりんを調合し煮きって使ったり、砂糖の前に入れて使ったりしています。芳醇な香りと、まろやかな甘みで美味しいです。

使っているうちに熟成が進むと、色が濃くなって甘みが減ります。熟成段階に応じて、あなた好みに使う量を調節してください。お値段はやや高級ですが、料理する意欲がわくと、節約につながるかもしれません。

しかし、みりんも味噌も美味しい愛知県が羨ましいですね。

確認してみてね!

三州三河みりんを探す

【有機原料使用タイプ】コチラ

まとめ

あまりのシンプルな原材料で、驚きませんでしたか?

現代における調味料も美味しいですが、一度、昔ながらの本格的調味料を試してみると楽しいです。料理が楽しくなった方や、子どもに日本の味を伝承したい方に、伝統的な調味料がオススメです!

調味料購入時には、表示を確認するクセができるかもしれませんね。

今回は、本みりんだけご紹介しましたが、美味しかったものを順にご紹介します。


関連記事はコチラ

もくじ