みんな笑顔がふえる『 食と宅配 』のレポート

毎月30日は【みその日】6月30日は何の日?お得な味噌情報をさがして!

サイトには広告を含む記事があります。
なめこ味噌汁

あなたは、みその日をご存じですか?

「みその日って、なんで?」
「みその日は、どうして作られたの?」
「みその日は、イイことある?」

今回は、みその日の、ちょっと嬉しい情報をまとめました。

みその日に、何があるかが分かります

ぜひご覧ください。

もくじ

みその日とは?味噌文化を伝承する日

毎月30日は、みその日

1982年、全国味噌工業協同組合連合会が、味噌の食文化を継承し、その発展させるために定めました。

30日が「みそか」とも呼ばれることから30日が選ばれたようです。

6月30日は「麦みそ食文化の日」

30日なので「みその日」でもありますが、6月30日は【麦みそ食文化の日】でもあります。6月の数字の6は「む」と読めることから「む」ぎみそと命名されました。

麦みその食文化を守って育てたい!と、麦みそ製造販売会社の願いが込もった「麦みそ食文化の日」。麦みその日は、年に1回しかないので、忘れずにチェックしたいですね。

みその日のイベントは?意外と多いお得な情報

みその日を調べてみると、意外とイベントやキャンペンが多いことに気が付きました。

お得に味噌が欲しい方は、30日より少し前から、お店やネットで情報収集しましょう。

たとえば、

  • 味噌屋やスーパー、ネットショッピングで味噌や味噌製品がお買い得
  • 給食センターやテレビで味噌の情報発信
  • 定食屋やカフェで味噌メニューを推し
  • 道の駅やJAで味噌のPR
  • イラストレーターさんが「みその日」用のイラストをアップ

30日はお得です!お近くのお店やネットを調べてみましょう。

お店独自のみその日もあった!!!

お店によっては、「お味噌の日」を、3日をにしていたり、複数日設定していたりします。店舗の棚卸とか、入庫とか、仕込みなどの事情が関係するのかもしれません。

ご贔屓にしたいお店のホームページから、お得やイベント情報がないかチェックしましょう!

まとめ

毎月30日のみその日は、各業界に影響を及ぼしていました。

  • みその日は毎月30日
  • 麦みその日は6月30日
  • お店独自のみその日もある
  • 味噌業界・飲食・販売・教育・他業種でPRされている
  • 意識付けができる
  • 消費者も楽しめたり、お得なこともあったりする

みその日は大きなPR効果がありました。ぜひ、今月30日はチェックしてください。

もくじ